this is TOYAMA entertainment website . "we are kitokito"

【富山の居酒屋】美味しい富山の夜にさんざめくネオ酒場"笑色-warairo"

富山,きときと

遊び場,カフェ,イベント,観光

居酒屋,笑色

まいどはや!

富山の新鮮な情報を提供するサイト

"kitokito"のMarcyです!


<ヒック…


2019年になり、はや2月も中旬。

新年会に関しては、そろそろ殆どの職場で済んだのではないでしょうか。


<ヒック…


ここからは仕事仲間ではなく、知人同士のプチ新年会が多そうですね。

「あ〜去年そんなことあったなあ、今年もまたよろしくね!」と、

年明けの仕事もひと段落し、気の知れた友人たちとそんな集いがあれば、また新鮮な心持ちになれるというものです。


<イヒック…




いやーいい夜です。

そうなんですよ。


すでに酔ってます。


(自分に)




というわけで、Marcyもご多分に漏れずプチ新年会の陽気な空気に心踊っておりますよー!




通りには店明かりに照らされて賑わう人影。

一軒目の余韻を残す私の、ほんのり火照ったほおを冷たい夜風が撫でていきます。

大通りから小道へと入り、狭くなっていく夜空を見上げながら歩けば、ほらそこに。


到着いたしました。

創作料理居酒屋"笑色 – warairo "


白を基調とした一見カフェのような外観に、大きなガラス窓のついた開放感のある店構え。

昨年10月にオープンしたばかりというこちらのお店、飲屋が軒を連ねる一帯にたたずむお洒落なスポットであります。


外観の写真を撮りまくる酔っ払いに、店内から向けられた白い目などものともせず、悲鳴が上がるほどのニヤケ顔で颯爽と入店。




「いらっしゃいませーッ!」

ベリーショートの男性店主さん、高めのハスキーボイスで快活な対応。数名いらっしゃる店員さん達もとても明るくお出迎えしてくださいました。


外観と同じく白を基調とした内装は、中央の厨房を囲むように柔らかい色をした木目調のカウンターが並び、奥にはテーブルのお席と、10名程が入れる小上がりの個室がございます。

この日、ほろ酔いのMarcyフレンドと2人で入店した私は、店内を見渡せる端のカウンター席へ。


"笑色"とはまさに、読んで字のごとく。

賑やかな笑い声や、お客さんの弾むような笑顔が絶えない、カジュアルな店内の雰囲気は、黄色い照明を浴びてまさに"笑色"であります。




メニューを見てみると、フードもドリンクもこれまた種類がとても豊富。

お刺身の盛り合わせを始めとした海鮮系はもちろん、サラダやご飯もの、焼物、煮物、揚げ物とドンとお任せあれ。

Marcyの好きな牛タン焼きもあったよん:)


そしてビールからワイン、日本酒にカクテル、焼酎やハイボールもと、ドリンク類も種類が多い。

中でも人気なのが「トマトサワー」と「コーヒーサワー」だそう。

さすがは"ネオ酒場"をコンセプトとしたお店。お客様のニーズに応えられる様々なメニューを取り揃えておられる様子。

その日の気分によって色んな楽しみ方ができそうですね。




既に酔っている+優柔不断ディーな私は、素直にオススメを聞いてみることに。

この数あるメニューの中からいったい何が出てくるのかと思いきや、意外なことに店主さんの一押しは"チャーシュー煮込み"。


ハスキーボイスの店主さんこと"圭ちゃん"、特製出汁でじっくり煮込んだ、こだわりの自家製チャーシューを提供しているのだそう。


チャーシューまであるのかい。

私チャーシュー大好きアルヨ。

なんかすごいなぁネオ酒場。


せっかくなので、圭ちゃんのおすすめ"チャーシュー煮込み"とともに、一番人気という"エビ団子"を注文。

早速やってきました。

割ったら怒られそうな小皿に、大ぶりのエビ団子がドンとふたつ。

パリパリとした衣にかぶりつけば、中から熱々ジューシーなエビのすり身。


もう、ぶりんぶりんです。

肉汁というかエビ汁たっぷり。

外側は一体なにでできてるの?すごく美味しい。

<アムアム


そして満を持してやってきた店主一押し"チャーシュー煮込み"


濃厚な特製スープに沈むとろっとろのチャーシュー。箸で掴むのが大変なくらい、非常に柔らかい。

食欲をそそる香りに、思わず一口で頬張れば、


ん〜、たまらんッ!


さすがはお店イチオシ。

溢れ出る肉汁とスープの旨味。酔った口にはちょうど良い醤油の塩味が、脂と肉をほろほろに溶かしていく。

これね、もう、


歯がいらない。


芸能人でも歯がいらない。


そして追加で注文した白子の天ぷら。

和風だし香る、琥珀色の天つゆで乙にいただきます。

サクサクとトロトロの見事なハーモニー。こちらも絶品。本当に美味しい。


いつのまにかMarcyフレンドが頼んでいた"ポパイサラダ"や"若鳥の唐揚げ"もとても美味しかったし、全て料理の味がことごとくツボでした。


店主の"圭ちゃん"富山は桜木町で何年も居酒屋の店長をされていたそう。明るく快い接客から、こだわった料理の味まで、なかなかやりよります。




昨年オープンしたばかりのネオ酒場。

創作料理居酒屋"笑色 – warairo"

初対面とは思えないくらいフランクな店主さんが、いつ行っても高めのハスキーボイスで明るくお出迎えしてくださいますよ。

1軒目にも2軒目にもおすすめです!

気になる方はぜひ一度、足を運んでみてください!




店内の陽気な空気に混じって、心も"笑色"に染まればきっと、






お前はもう、酔っている


アターッ




それではまた次の記事でお会いしましょう!

See you next time !

"KINODOKUNA":)

この記事がいいと思ったら、コメントフォーム下の"いいね"ボタンを押してください!
活動の励みになります:D
>
CTR IMG