this is TOYAMA entertainment website . "we are kitokito"

【富山のカフェ】焙きたて、挽きたて、淹れたて。商店街で生まれたこだわりのカフェ"まめやコーヒー"

まいどはや!

富山の新鮮な情報を提供するサイト

"kitokito"のMarcyです!


本日は富山市総曲輪通りにやってまいりました。天気はあいにくの雨でございますが、人通りも多く、街は賑わっております。


今回ご紹介させていただくのは、以前から総曲輪通りを歩く度に気になっていたコーヒー店。

グランドプラザからユウタウンへと向かう道すがら、右手にドンと現れるこちらのお店でございます。



"まめやコーヒー"

大きな文字でとてもわかりやすく書いてございます。


いつの間にかそんなお店があることを知りながら、何故か私、勝手にコーヒー豆の販売所か何かだろうと思っておりました。

しかしよく見ると、店内では甘そうなお菓子とコーヒーをいただくお客様方が。


スイーツ男子という言葉が広がる以前からスイーツダンディーであった私。

日替わりで提供されるという美味しそうなケーキや焼き菓子、そしてなにより、ただならぬこだわりを感じるコーヒーの香りに惹かれておりました。


総曲輪通りに来るときは、何かと目的を持って来ることがほとんどでありますので、「ゆっくりお茶をする」というのが中々出来なかったMarcy。

今回は私的に満を持しての入店でございます。


というわけで早速、いざセクシーに突撃!




「いらっしゃいませ」

どこか陽気な印象を感じさせる物腰の柔らかい店主さん、ほがらかな声でお出迎え。


入り口から縦に奥まった形の店内には、右手にテーブル席がいくつか並び、奥には小さなカウンター。雰囲気は予想していたよりもずっと賑やかであります。


一人であることを伝えると「では、こちらで注文をうかがいます」と手のひらで中央のレジカウンターを示されました。

注文と同時に、先にお金を支払うスタイル。


提示されたHot ドリンクのメニューはこちらでございます。


  • 本日のコーヒー
  • まめやブレンド
  • 総曲輪ブレンド
  • 富山ブラック
  • カフェオレ
  • 甘酒ミルク


いずれも400〜600円ほどのお値段。"本日のコーヒー"は日替わりで二種類のコーヒーを提供しているそう。店主さん自ら味の特徴をご説明してくださいます。

Ice ドリンクには通常のコーヒーとは他に、フロートやコーヒー牛乳、フレッシュジュースもございました。


私は初めての来店でしたので、まずは"まめやブレンド"をいただくことに。

入店した時点でテーブル席は全て満席だったため、注文を済ませて奥の小さなカウンターへ着席。



Marcyはコーヒーを待つ間、先にカウンターにいらっしゃいました「ラッパガエル」さんと他愛もない話(大きめの独り言)に花を咲かせていましたが、店内はカップルやマダムの穏やかな話し声に賑わいを見せております。

しかし何より店内を満たしているのが、扉を開けてすぐ目に入る"焙煎機"の音。


ウィーンと音を立てて回転するロースター。

なんとこれからコーヒーとなる生豆を、お客様の注文を受けてから一杯分ずつ焙煎しているのです!

そう、


こちらの"まめやコーヒー"、店内カウンター横にある小型焙煎機にて、お客様の注文を受けてからコーヒーの生豆を焙煎するお店なのです!

(大事なことなのでダンディーに二回言いました。)


一切のコーヒーを作り置きすることなく、焙きたて、挽きたての豆を使って、酸化していないコーヒー本来の味を提供するこだわりっぷり。

コーヒーが来るまで少しお時間がかかりそうですが、とても楽しみであります。






ラッパガエルさんとの会話のネタも尽きてきた頃、セットで注文した"本日のケーキ(土曜日の今日はチーズケーキでした)"と"まめやブレンド"が到着。


つい先程焙煎して、挽かれたばかりの豆で淹れたコーヒー。一緒についてきたのが、富山市は八尾町の黒ごまを使ったクッキーだそう。

ちょっとしたおやつが一緒なのがスイーツダンディーの私には嬉しい限りでございます。


淹れたてのコーヒーに口をつければ、すうっと通り抜けてゆく新鮮な豆の香り。

口の中には太い苦味と旨味が広がっていき、まるで舌全体に染み渡っていくようであります。


酸化していないコーヒーのお味はとても味わい深く、それでいてすっきりとしたものでした。


そしてセットのチーズケーキがこれまた美味しい。

かなりレアよりの優しいスフレ。フレッシュなチーズの味わいとまろやかな甘さが溶け合う一品。

こうしたコーヒーのお供にも作り手のこだわりが感じられます。




私がコーヒーを楽しんでいる間にも、店内には間断なく焙煎機の音が響いており、1組のマダムが退店したかと思うと、ちょうど次のマダム達がご来店。


その後もマダム、マダム、こなきじじい、マダムと、店内は間断なくマダムによって埋まっておりました。

入り口横の小型焙煎機も嬉しそうに回っております。




街中にあるというのもひとつの特徴でありますが、今日が休日だったということもあり、ひとりで静かにというよりは、"お友達を連れて美味しいコーヒーと会話を楽しむ空間"であるように思えます。

こうしたカジュアルな雰囲気で、こだわりのコーヒーを味わうのもまた良いですね。




焙きたて、挽きたて、淹れたて。

それが"まめやコーヒー"のこだわり。


提供される豆の種類は日によって変わり、焙煎度合での味の変化も楽しめます。要望があれば酸味も出すことができるそうですよ。




コーヒー本来の味と香りを提供するお店、

"まめやコーヒー"。

コーヒー好きの紳士淑女の方々、ぜひ一度新鮮な一杯を味わってみてはいかがでしょうか。








それではまた次の記事でお会いしましょう!


See you next time !

"KINODOKUNA":)


この記事がいいと思ったら、コメントフォーム下の"いいね"ボタンを押してください!
活動の励みになります:D
>
CTR IMG