this is TOYAMA entertainment website . "we are kitokito"

【富山のグルメ】"ほし乃"のステーキ丼はビビらずメガ盛りで!

まいどはや!

富山の情報エンタメサイト、

“kitokito“のスーパー紳士、Marcyです!

本日ご紹介させていただくのは、インスタグラムでも話題のお店、

"ほし乃"

富山市中央通りから、途中の小道へ抜けるとございますこちらのお店であります。

ご存知の方はもうお分かりかと思いますが、食べに行ってまいりましたステーキ丼!!

早速突撃レポートしていきたいのですが、自宅でお気に入りの革靴に頬ずりしていたら予定の時間を大幅にオーバーしてしまい、やや出遅れ気味にお店に到着。

わかってはいたのですが、店の外にはすでにお客様の列が出来上がっておりました!

親子やご家族、女性同士、お一人様からカップルまで、列に並んでいるだけで様々な客層の方々がいらっしゃいます。

現在の時刻およそ13時。

空腹の度合いを確認しつつ、行列を見て折れかけた心のアクセルを全開に。

覚悟を決めていざコースイン!

富山市内の某焼き鳥屋や、某お好み焼き屋、某ラーメン屋以外で並ぶのは初めての経験であるMarcy。

はてさて、"ステーキ丼"の回転率やこれいかに。

まあ、10分。

これくらいは待ったうちに入りませんよ。

そうそう、全然今来たところだし。ううん、待ってないから全然気にしないでほんと。Marcy10分くらい余裕だから。ダンディーに余裕だから。

え?そんなこと言ってるうちに20分経ってる?

はっはっ、何てことはないさ。まあそれくらいの待ち時間は覚悟してましたしね。余裕余裕。

あ、食べ終わった方が出てこられましたね。

いいなあ、満足気な表情。列見てびっくりしてますよ。Marcyの後ろにもまだまだ増えてますからね。すごい人気。

おっと、もう30分経ったか。

え?あ、はいはいはい。

あーわかるわかる。

お腹空きすぎて気持ち悪いのね。わかるよ。

Marcyも、なんか気づいたら白目むいてたもんさっき。
あるよねーお腹空きすぎて気持ち悪くて白目になること。

まあ、40分経つとちょっと意識もぼーっとしてきたかな。

ちょっとって言うかけっこうしてるかな。

え?ああ、50分ね。うん、時間もわからなくなってきた。

ていうかISHIKIもうろうとしてる…。

あれ?なにこの川、こんなのあったかしら。

キラキラしてて素敵。

それに辺り一面の綺麗なちょびヒゲ畑

あ、向こう岸でおばあちゃんが手を振って…

…ん?なんか言ってる…

ああダメ、意識が…

諦めたらそこで試合終了ですよ?

というわけでようやくお店の入り口に到達いたしました!

ここまでおよそ1時間!

「マジまんじ」と「マジなんじ?」を何回も呟きました。

前に並んでいる人が2回くらい振り向きました。

いやー、ステーキ丼の人気たるや恐るべしです。

でもね、外からちょっと厨房が覗けたんだけど、店主さんと奥さんが、待ってるお客さんのために一生懸命お肉を焼いている姿が見えるんです。

お客様に美味しいものを提供したいという強い情熱が伝わってまいります。

それだけ人気なんだもの。

Marcyも落ち着いて待ちますよ。:)

ドアを開くと、縦に奥まった店内は昔ながらの洋食屋さんと言った雰囲気で、入ってすぐ右手に厨房、囲むようにカウンターが並んでおります。

数台のテーブル席が広がっていて、更に奥まったところに4席ほどの小さなカウンター席。今回は一番奥のお席へとご案内されました。

お水は各席に設置されており、セルフサービスとなっております。

メニューにはお馴染みのステーキ丼と定食が二種類。お肉とご飯の量から、サラダや味噌汁を付けるかまで案外細かい設定ができる模様。

しかしあれだけの待ち時間のせいか、空腹度合いが完全にわからなくなったMarcyは、迷った末に特盛を注文。

肉食系ダンディーである私は、今回はサラダを付けずに温玉とお味噌汁のみを付けることにしました。

来たー!インスタで見たやつ!(笑)

上質な国産牛の赤身肉を使ったステーキ丼。下味は塩胡椒のみで、焼き加減にこだわってつくられております。

私はこれを待っていたんだよ。

早速いただきます!!

…っと危ない。思わず写真撮る前にレンゲでネギはじいちゃったよ。ただの皿の写真になってしまうところだった。危ない。

< パシャッ

では気をとりなおして。

柔らかそうなお肉のドームを崩して、ソースの染みた白米と共に大きめの一口!

んふふ〜、うまい〜!!

柔らかいお肉の溢れる肉汁が、醤油とお野菜の旨味でしょうか、とろっと甘じょっぱいステーキソースと口の中いっぱいに溶けていきます。

黒胡椒とネギがまた良い仕事しておりますね〜。

そしてお次は崩したお肉のドームにくぼみをつくって、半熟の黄身を割れば、ほらもう…!

たまらん!!

美味しいお肉を食べた時って、ほんと何とも言えないね。あ〜しやわせ

こんなの絶対白米と合うもんねー。そりゃそうだけど合うもんねー。

ステーキ丼考えた人天才。誰か知らないけどありがとう。

うん、お味噌汁も体に染みる。やっぱりご飯にはお味噌汁ですね。

そんなことを考えているとあっという間に特盛400g完食!!

待ち時間およそ1時間半。

食事時間およそ2分30秒。おそらくこの日の最速記録をマークしたことでしょう。

うまかったなあ〜。満足、満足。

ただ空腹が限界だったのもあってか、私はメガ盛りでも問題なく食べられそうでした(笑)

女性の方は通常サイズでも十分かもしれませんが、男性の方や量をたくさん食べられる方は特盛以上でも問題ないかもしれません。

「ご馳走さま。うまかったよ。おつりは取っておきな…」

低音ボイスでハードボイルドに言い放ち、ぴったりの金額を置いてMarcy退店。

まだまだステーキ丼を待っている人達がいるからね。

あいつもう出てきたよ。

そんな顔してる行列に一瞬だけドヤ顔してダンディーに踵を返しました。

いやーとっても美味しかった、ステーキ丼。

ですがやはり、どうしても待ち時間がね。

私が行ったのは土曜だったから、空腹が限界超えると三途の川渡っちゃうって人は平日をおすすめいたします。

並んだとしても、食べる価値大有りのステーキ丼です!

最近では富山でも脂身のない赤身肉を扱うお店が増えたらしいですね。

国産牛のステーキ丼が食べられる

"ほし乃"

あなたも是非一度足を運んでみては!

それではまた次の記事でお会いしましょう!

See you next time !

"KINODOKUNA":)

>
CTR IMG