this is TOYAMA entertainment website . "we are kitokito"

【富山のイベント】富山の蚤の市は食べの市!

まいどはや!

富山の新鮮な情報を発信するサイト

"kitokito"のスーパー紳士、Marcyです。


ついこの間年が明けたかと思えば、あっという間に今日から3月であります。

この頃日中は暖かくなってまいりましたね。

今年は雪も少なく暖冬だったとはいえ、年々寒さに弱くなっているMarcyは、やはり暖かい季節の方が好きであります。


そんな私が本日ご紹介するのは、まだ年も明けて間もない1月の第1日曜日のこと、凍空の下を早起きして行ってまいりました


"蚤の市 - Nomi No Ichi -"



であります。


(※取材日 2019.01.06)



「青空のみの市」とも呼ばれているそうで、前述のとおり毎月第1日曜の早朝から、富山市磯部町にあります護国神社の境内にて開催されております。

早速ダンディーに突撃レポートしていきましょう!




時刻はまだ早朝。

私が到着したときはめちゃめちゃ空いておりましたが、30分もしない内にけっこうなお客さんで賑わっておりました。


何気に"のみの市"に訪れたのは初めてだったのですが、噂に聞いていた通りおるわおるわ色んなお店。



レコード、絵画、アンティーク小物、家具や衣類、車の模型や懐かしのおもちゃまで。中には自作のアクセサリーを販売している人も。
細かいのはもう本当に書ききれないほど。

そんなものどこから出でてきたんだとツッコミを入れたくなるものから、ふと少年時代を思い出すノスタルジックなものなど、普段目にしないものが沢山ありました。


見てるだけで楽しめるというのはこういうことですね。

ここでしか手に入らない掘り出し物や、みなさんの探していた物、何なら年代物のお宝も、もしかしたらここにあったりするかもしれませんよ!


途中見つけた渋いキセル、ちょっと欲しかったなあ…。だってキセルくわえてたらなんかダンディーじゃない?(ボソッ…)


そして意外なことに食べ物のお店が多い。



今回たまたまだったのかもしれませんが、半分くらい食べ物のお店だった気がします(笑)


今日無理矢理叩き起こして連れてきたMarcyフレンドなんか、骨董品なぞ目もくれず一目散に"ぜんざい"買ってましたからね。



天にも昇る表情で「わあ、あったか〜い」って言ってました。

Marcyは友達が食べてる間暇だったのでだるまと会話していたよ。



するとそんな変態を見かねてか、出店してらっしゃる方々が沢山食べ物をくれました。


「タダでいいから食べてみて」

「寒いだろう、ささ、温かいコーヒーもあるよ」


そんな風に気さくに声をかけてくださり、両手がふさがる程食べ物をいただきました(笑)

食べ物をくれたおじいちゃん曰く、この富山のみの市は昭和の頃から続いているそう。「今はまだ寒いけど、暖かくなってきたらもっとお店が増えるんだよ」とのこと。

調べてみたところ多いときは180ものお店が出店しているそうです。もうぎゅうぎゅう詰め!恐るべし蚤の市‼︎




しかしおじいちゃんのくれた焼きたてのくるみ餅うまかったなあ〜。

お腹まだあったかいもん。

うんほんと、人も温かいです。お腹も心もいっぱいになりました。蚤の市行ってよかったな。正直そんなに興味なかったんだけどね(笑)、また行きたいな。


次もキセル売ってるかな?(ボソッ…)




ちなみに蚤の市とは古物市のこと。

なぜ昆虫の”ノミ”という表現になったかは色々な説があるそうで、最近の言い方ですとフリーマーケットがこれにあたります。

どこの国だったかはダンディーに忘れましたが、確かヨーロッパの方でとても規模の大きい有名な蚤の市がありましたね。


やっぱあのキセル買っとけばよかったな…。(ボソッ)


今で言うフリーマーケットというのも、もともと「Flea(ノミ)market」という表記であったのが、外国から伝わりカタカナ表記になった際に混同されたのもあり、日本ではより親しみをこめて「Free(自由な)market」という表記になったそう。

Marcyもいつか自慢の”付けヒゲコレクション”を出店してみようかな。


キセル…。(ボソッ)




店頭に付けヒゲ並べたセクシーな紳士がいたらそれはきっとMarcyです。

立ち止まってみてください、信じられないくらい低い声でいらっしゃいませ言いますから。








ていうかキセルって普段どこに売ってるの?






 

というわけで今回は蚤の市のご紹介でした!


希望すればどなたでも出店できるそうなので、興味がある方は出店してみるのも面白いかもしれません。

今週の日曜も開催されておりますので、ぜひ足を運んでみては!






それではまた次の記事でお会いしましょう!

See you next time !

"KINODOKUNA":)

この記事がいいと思ったら、コメントフォーム下の"いいね"ボタンを押してください!
活動の励みになります:D
>
CTR IMG