this is TOYAMA entertainment website . "we are kitokito"

【ワインバーアルプ】実はお昼にカフェとしても営業。美味しいスイーツが食べられる穴場のお店。




まいどはや!

富山の情報エンタメサイト、

"kitokito"のスーパー紳士、Marcyです!

本日はわたくし、市民プラザ近辺のエリアへとダンディーにやってまいりました。

お目当てはこちらのお店!

その名も、

【 winebar alpes – アルプ 】

場所はこちらッ、

総曲輪通りからユウタウンを過ぎ、環状線の線路を越えた先。最初の角を左に曲がったところにある隠れ家的お店です。

オープンはちょうど今から3年ほど前。読んで字の如く、ワインを中心に提供されているバーなのですが、なんと今年の5月からお昼の営業も始められたのだそう。

しかも「喫茶部」と称した"カフェ"としての営業で、手作りの美味しいスイーツやコーヒーがいただけるのだとか。

スイーツ男子という言葉が広がる遥か昔からスイーツ男ディーであった私。そんな穴場スイーツのお店を見逃す筈がございません。

しかしかなり早い段階で情報を得たにもかかわらず、これまでことごとく機会に恵まれず‥‥、

途中うっかり忘れてしまっていたり、忘れられなかったり、君の運命の人は僕じゃなかったりしながら、気づけば半年経って今回満を持してのチャレンジ!

この日のために仕立てた最高級のタキシード!

新しい付けヒゲ!

恋するブラ。

前置きがうるさすぎてそろそろ怒られそうなので、早速突撃してまいりましょう!

SAY

「いらっしゃいませ」

味のある木製の扉を開くと、店内はムード溢れるノスタルジーな雰囲気。落ち着いた様子の奥様が笑顔でお出迎えしてくださいました。

即座にお店の雰囲気を理解した私は、ロバートデニーロばりの渋い顔で常連のようにカウンターへと着席。

ご案内されたメニューはこちらッ

噂に聞くケーキたちが4種類と、コーヒーを中心に紅茶やアルコールなどのドリンクが。

まさかクロックムッシュやケークサレなどの軽食まであるとは知りませんでした。

残念ながら本日は昼食を済ませてしまったので、こちらはまた次の機会に。

ロバートデニーロの顔のまま、低めの声で注文を済ませてスタンバイ完了です。

はてさて、見渡す店内は流石はワインバーといったところでしょうか。お昼でも独特な空気感で、既にカフェとはまた違ったイイ雰囲気がございます。

店内にあまり広さはなく、お席はカウンターが6席と、4名掛けの円卓テーブルがひとつ。

伺ったのは土曜の12時過ぎでしたが、開店直後ということもあって、私が最初のお客でありました。

貸し切りのようでなんだか贅沢な気分。中心街に位置しながら、どこか非日常的な空間であります。

そうして暫く、そんなこんなでやってまいりましたこちら、

「りんごのタルト」と「カフェオレ」。

はい。

これは久々にあれですね。

「この席に座ってる自分、今めっちゃイイ感じなんじゃないか症候群」ですね。

はい。

どうぞ召し上がれッ!

<アムアム

Σはうンッ!

はっ!なにコレッ!

うんまーッ!!

あ、ごめッ‥

素が出ちゃいました。

いや、キャラ作りも大変ね、とかじゃなくて、

ええ。はい。

それくらい美味しいのです(威圧感)。

薄く切られたリンゴの果肉はしっとりと甘く、タルト部分のシナモンシュガーがカリッとしているのが印象的。

これだけでもお店ができてしまうのではないかと思う程のクオリティです。スイーツ好きの間で噂になるのが頷けますね。

加えてアイスの方にもシナモンのシロップがかかっており、滑らかなバニラの舌触りとふんわり抜けていくシナモンの香りがすごく上品。

しかしははーん。これはすぐにわかりましたよ私。

あれですね。

いいアイスですね。

ハッハッハッ

ちなみにブレンドコーヒーは東京の"パドラーズコーヒー"様の豆を、ドリップコーヒーは同じく東京にあるお知り合いのお店から定期的に替えて提供しているそう。

他のドリンクやケーキさん達も気になるところです。

美味しいケーキとカフェオレでホッとひと息。大満足の Sweets time でありました。

ケーキの他にも、カウンターには何種類かの焼き菓子が並べられてございます。

スコーンやマフィン、クッキー、ブラウニーなど、コーヒーや紅茶のお供に嬉しいものばかり。

全てテイクアウト可能だそうで、こちらもいただいてみたのですがとっても美味しかったです!

夜は本領であるワインバーとして営業されており、オーナーである旦那様は東京の某有名店や、現地フランスにて修行を積まれた方。

またハウスやダンスミュージックにも造詣が深く、なんと営業中はお料理やお酒を提供しながら、店内脇にあるターンテーブルを回しておられます。

厳選したヴァンナチュール(自然派ワイン)と音楽を、いつ来ても楽しむことができるお店なのです!

そうして夜のバー営業にて提供していたケーキたちがお客様の間で美味しいと話題になり、奥様主体で"喫茶部"としてお昼の営業を始められたのだそう。

ケーキだけを目当てにワインバーというのもハードルが高そうなので、お昼にも食べられるようになったのはスイーツ好きには嬉しい限りですね!

美味しいスイーツと過ごす、何気ない午後の時間。

【 winebar alpes – アルプ 】

平日の方が混んでいるらしいので、意外と休日が狙い目かもしれません。

一度訪れてみると、きっとお気に入りの場所になりますよッ☺︎

ぜひ足を運んでみてください。

それではまた次の記事でお会いしましょう!

See you next time !

"KINODOKUNA":)

☝️この画像はスマホに保存できるよ!

▽ winebar alpes

instagram

>
CTR IMG